Health And Fitness

膣縮小とは?どんな手術でどのような種類がある?

膣縮小とは?どんな手術でどのような種類がある?

admin 2020年4月28日

膣縮小とは?どんな手術?

膣縮小とは緩んでしまっている膣を縫って縮小させる美容整形手術の一つで、年齢や出産などが原因で緩んでいる膣を元に戻します。膣が緩むと性生活に支障をきたすことがあったり、場合によっては腹圧が掛かっただけで子宮の一部が膣から脱出することもあるのです。そんな悩みを抱える女性のための手術となります。

治療方法には種類があり、超音波による施術や注入法、手術の3つです。超音波による施術はメスを使わないのが最大の特徴で、ハンドピースを挿入して皮膚の内側に照射します。照射することで膣内のコラーゲンが活性化されて幅が狭くなったり、弾力性を取り戻せるとされています。麻酔も不要で、ダウンタイムも少ないです。注入法は膣内に皮膚充鎮剤を入れて、中からふくらませるやり方です。確実に縮小することが出来るのが、手術になります。半永久的に緩みを改善することが出来ると考えられていて、入り口だけでなく奥のほうまで縮小することが可能です。会陰部や会陰小帯を切除したり、粘膜や筋層を剥がして縫い合わせます。

膣縮小の賢い選び方とは

膣縮小を選ぶときには悩みや症状に合わせて選ぶことが大切です。また担当医の話しをよく聞いて、メリットとデメリットをしっかりと知ったうえで判断することも重要です。手軽な施術を選びたい、なるべく膣は傷つけたくない人は超音波治療を、安全性を考慮したいときや短期間だけの効果で十分な場合は注入法を選びます。どうしても緩みを改善したい、半永久的な効果が欲しいときには手術を選択するのも賢い方法です。

膣縮小は、文字通り膣の入り口を狭くする手術です。膣の入り口から3~4センチ入ったところを縫います。術後の痛みや腫れも少ない安全な手術となっています。